--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2013/01/09 (Wed) 今年一番の感動作!

今年って、まだ9日やん、、、と自分で突っ込みつつ。

ySB9OCYU5Eu9it_1357632763_1357632784.jpg

原作はヴィクトル・ユゴーの「ああ無情」
子どもの頃に読んでジャン・バルジャンの生き方に感銘を受け、何度も読み返した話です。
全編ミュージカルですが、素晴らしい映画でした。


Dx1bRv_u9DL8swf1357632898_1357632926.jpg

妹の子どものために一個のパンを盗んだ罪で19年の服役を終え仮出獄したジャン・バルジャン
/新しく生き直す決意の歌、に涙

GAO_NjQnf7UXjQM1357633059_1357633069.jpg hzeFkbLNzSAAlOl1357633127_1357633141.jpg

(実は強欲で非道な親戚に預けた)娘のために髪も体も売って働くフォンテーヌ
/アン・ハサウェイ渾身の「夢破れて」の歌に心を打たれます

V4dkTUlfG_KeYTS1357633219_1357633231.jpg

非情に、執拗にバルジャンを追うジャベール警部。 今まで持っていたジャベールの印象は冷徹非情で同情の余地も無かったのですが、ラッセル・クロウのジャベールにはどこか憎みきれないものを感じてしまいました。あれれ?


Q_ugcAb3Omlvpdg1357633304_1357633316.jpg

初めてバルジャンが、守るべきもの、愛するものに出会えた喜びの歌、に涙が溢れました。


DES0yQmV7tdv8QC1357633390_1357633401.jpg

互いに愛し合うコゼットとマリウス。
大切に守り育てたコゼットの未来をマリウスに託そうと決意する父親の心、に泣きました。

ここでは言い尽くせません。
感動の涙が溢れて止まりませんでした。ぜひご覧頂きたいと思う映画です。





当然ぼくは留守番
にほんブログ村 犬ブログ スピッツ(日本スピッツ)へ
にほんブログ村
読んでいただいてありがとうございます。
ブログランキングに参加していますので
ボクにクリックお願いします。
スポンサーサイト

備忘録 | trackback(0) | comment(2) |


<<憧れのお姫様抱っこ♡ | TOP | 初めてホテルにお泊まり>>

comment











管理人のみ閲覧OK


レ・ミゼラブル 

私も娘と行きました。
メッセージがはっきりと伝わってくる、とてもすばらしい映画だったと思います。
神さまの御心はどこにあるのか、何が本当の正義なのか、どう生きることが神さまの御心に適うのか、愛が人をどう変えるのか、いろいろと考えさせられました。
最後のシーンの明るさ、暖かさ、みんなのまぶしい笑顔に心を揺さぶられました。
またぜひ語り合いたいですね☆☆☆

2013/01/13 23:35 | violetta☆ [ 編集 ]


violettaさんへ 

本当に良い映画でしたね!ぜひお話ししたいです♡楽しみにしていますね。

2013/01/15 23:59 | ピギ [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://finekobo.blog.fc2.com/tb.php/205-13c6d9a5

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。